このサイトについて

このサイトについて

外壁塗装とは、呼んで字の如く外壁に施される塗装です。
新築の際にはほとんどの住宅で塗装が施されていることが通常で、たまに自然のままの木を利用し、塗装がしていない建物もあります。
コンクリートの打ちっぱなしなどでも無塗装という建物がありますが、大抵の場合は外壁は塗装がしてあります。
元々に塗装の意味は、建物構造を長持ちさせるという意味があります。
鉄筋コンクリート(RC)の場合、塗装の下のモルタル層や鉄筋に流し込まれているコンクリート、骨組みの鉄筋などが経年により劣化します。
コンクリートは建物を強く頑丈に保つ反面、経年により地下からの振動などのエネルギーを受けて、多少なりともクラックが生じます。
クラックが生じれば、そこから水分を含み、さらにクラックが広がれば中に組み込まれている鉄筋に空気と水分が含まれて錆が生じます。
錆は鉄筋を膨張させることで、コンクリートに大きなクラックを生じさせるという悪循環となります。
経年劣化した塗装はコンクリートと塗膜の間に雨水が入り込み、建物内部にまで雨が浸入することに繋がります。
そのためにも定期的な塗装が必要で、10年おきでの建物への再塗装が理想的であると考えられます。
塗装と簡単に言っても方法や塗料には様々な種類があり、その方法によってもその後が大きく変わってきます。

    コンテンツ一覧

    おすすめ情報

    自社開発や自社で電気製品などを開発検討している際に、回路設計や試作品などから、部材調達や完成品組立までワンストップで製作が可能で、自社で開発したノウハウを活かし顧客の要望に合わせて様々な電気製品開発が可能です。
    災害時に迅速対応出来るように短時間で装着が可能な安全帯の中でもフルハーネスタイプのものを探しているなら、救助活動専用の理想的な構造を持つ商品で、動きやすさも追求し災害時に自分と被災者の安全を確保することが出来ます。
    Copyright(C) 外壁塗装をする前に塗装や相場を知っておこう。 All Rights Reserved.