外壁塗装の耐久性

外壁塗装の耐久性

外壁塗装を検討する時に一番の検討材料は塗装後の耐久性であると言えます。
高額を支払って外壁塗装をすればそれを長持ちさせたいと思う人が多いはずです。
しかし、塗装を長持ちさせることは依頼者には出来ません。
塗装業者を信頼するしかありません。
経験豊富な塗装業者の場合、紫外線による耐久性や雨による耐久性、建物の立地条件、風通し、など色々な建物環境を考慮して塗装を検討します。
塗る場所の環境がどうであるかによって、塗料の量や希釈率を変え、塗装の間隔(時間)を計算して塗らなければいけません。
日照が悪いところの場合、湿気が留まりカビが発生することもあります。
カビの発生は水分を含むため、建物に悪影響を及ぼす他、美観を損ね、耐久年数にも影響を及ぼします。
そのため、日照条件の悪い部分の塗装はカビを防止効果の高い塗装を施します。
日照がないため、紫外線による劣化が少なく、それ程厚く塗らなくても良いことがあります。
一方、日照の良い南側などでは、雨と紫外線の両方の影響を受けやすいため、ここは厚く弾力性の得る状態で塗ることが必要となります。
これらの条件をしっかりと調査した後、塗装に入るのですが、下地が悪くては折角の塗装も台無しとなるため、悪い部分は下地の張替えも行なわなければいけません。
意外とこれを行なっている業者は少ないです。

    Copyright(C) 外壁塗装をする前に塗装や相場を知っておこう。 All Rights Reserved.