塗装の方法

塗装の方法

塗装工事には、様々な作業があります。
まずは塗装する建物の調査がしっかりとされているということです。
建物の外壁を塗装する場合、広範囲な作業となります。
そのため、しっかりとした下調べが必要です。
まずは採寸です。
建物寸法をしっかりと測ることで、使用される塗料の量が弾き出されます。
これをしっかりとしていない場合、塗料が足らなくなったり、希釈率を上げるということに繋がりかねません。
そうなると、超過料金が発生したり、乾燥後の塗装状態が悪くなったり、耐久年数にも影響が出ます。
計測は複数社に見積もりを依頼することで、その寸法に誤差が出ることが多いので2社以上に見積もり依頼をしましょう。
その後、養生と足場の作業に入ります。
足場は塗装作業に必要であるだけで、作業員の作業性の問題となります。
少しでもお値打ちな見積もりが良いでしょう。
洗浄後しっかりと乾燥すれば、高圧洗浄により建物の洗浄がされます。
次にクラック部分の修繕をします。
(下地処理)浸透性プライマーという塗装の食い付を良くする下塗り剤を塗ります。
ここまでの過程においてしっかりと下準備がされている状態で塗装に入ります。
外壁塗装では、塗料そのものの質に加えて、下地処理などがしっかりとされているかいないかによって塗装の耐久性が大きく違うため、そこをしっかりと押えておいたほうが良いでしょう。

    Copyright(C) 外壁塗装をする前に塗装や相場を知っておこう。 All Rights Reserved.