塗料の違いによるメリット・デメリット

塗料の違いによるメリット・デメリット

家の外壁を紫外線による色褪せや酸性雨による浸食から守るために行う外壁塗装は、使用する塗料の主成分により分類する事が出来ます。
外壁塗装に用いられる塗料の主成分は、アクリル、シリコン、フッソ、ウレタンなどの樹脂です。
アクリルは最も一般的に使用されている塗料であり、価格が安いというメリットがあります。
汚れやすいのと耐久年数が短いというのがデメリットであり、定期的なメンテナンスが必要となります。
アクリル塗料よりも塗膜が柔らかく光沢を出す事が出来るのがウレタン塗料のメリットです。
アクリル塗料よりも耐久年数は長めで汚れにくいという点も長所です。
アクリル塗料のワンランク上の外壁塗装を施したい人にお勧めできる内容です。
ウレタン塗料よりもグレードの高い塗料として、シリコン塗料とウレタン塗料があります。
シリコン塗料は、塗膜に光沢と柔軟性を作り出します。
10年程度の耐久性が認められています。
フッソ塗料は、耐久性という部分で最も優れているといわれている塗料であり、商業用ビルディングにも使用されています。
耐久性と美観性は優れていますが、費用が高いという事とひび割れてしまった場合のメンテナンスが難しいというデメリットがあります。
これらのメリットとデメリット、相場を認識しておく事は、外壁塗装を行うときの業者選びの際に身を守ることにつながります。

    Copyright(C) 外壁塗装をする前に塗装や相場を知っておこう。 All Rights Reserved.