塗装業者の選びかた 相場

塗装業者の選びかた 相場

まず、絶対にやってはいけないこととして、飛び込みの業者に依頼することです。
4月の消費増税の駆け込み需要を狙った業者が、飛び込みでお値打ち価格を打ち出して、セールスに訪れることがあります。
塗装でよく、1平米あたりの塗装単価の相場があり、グレードにより相場が違うと言われています。
これらは業界で曖昧な相場であり、外壁塗装をした人の金額を合計してその数で割った数字であるだけです。
塗装の良し悪しは塗装完了後1年を経過した後でないと分かりません。
1年後に雨漏りがしてしまって、クレームを付けようにも、相手がなくては何もなりません。
最初の見積もりに対して忠実な作業がしてあるどうか確認のしようもありません。
適正な見積価格であるかどうかを調べるために必ず、複数社により見積もりを取りましょう。
同じ塗装のグレードで、採寸に違いがないかや、足場の費用が大きく差がないか、塗料の単価に差がないか、下地処理などの費用が適正かなど、それぞれの作業の単価を比較して、あまりに曖昧な業者は省きましょう。
見積もり後、塗料の希釈率を上げられては元も子もないため、使用した缶を確認するようにしましょう。
見積もり後に追加料金がないように前もって念押ししておきましょう。
塗装にはしっかりとした相場が存在せず、その業者により塗料の単価と固定費により割り出されていますので、信頼のおける業者への依頼をお奨めします。

    Copyright(C) 外壁塗装をする前に塗装や相場を知っておこう。 All Rights Reserved.